狂仙会2021が京都・種智院大学で開催されたので行ってきた話

狂仙会植物どう?

近鉄向島駅で下車。

『種智院大学』

本日の会場でございます。そう。
オープンキャンパスです!

チガウチガウガウ(´Д`)

何が行われるのか・・というと
私は初参戦のイベント・・狂仙会です!

スポンサーリンク

近鉄向島駅から種智院大学を目指す

改札を出ると右側(西側出口)を目指します。
のどかやなー
中央に見える茶色い建物が種智院大学。
左に見えるのが京都すばる高校になります。

階段を下りて道なりに進みますと・・いきなり看板。

たぶん朝イチはバスが有ったんかな?
発見できませんでしたが川沿いの道をてくてく、歩きます。

人っ子一人居ません笑。



(´Д`)

しばらく歩くと再び看板。
ほっ(*´ω`*)間違えていなかったようです。

Google先生いわく徒歩7分。不安を考えると体感2~3分増量(´Д`)

狂仙会、いざ参る!

入場すると展示苗が沢山置いてありました。

受賞された素晴らしいサボテン

以前のポストで村主光琳玉を紹介しましたが、
その冠にもなっている村主さんが中央に写っている方になります。
村主康瑞さんは宝塚にある中山寺の住職でもあり、種智院大学学長も務められている狂仙会の会長。

金メダル

その村主さんが指さしてはった苗をパシャリ。
結果としてこの苗が金賞。
キンカ鯱?(金鯱モンスト)

(お手は村主さん)

銀メダル

銀冠玉群生
これTwitterでもUPしましたが凄杉ました(´Д`)

売店も充実。
カクタスニシさん、たにっくんさん、堀川カクタスさん、山城愛仙園さん、奈良多肉さん、グランカクタスさん、姫路カクタスさん、養生園さんなどなど。

予算ほぼ無しで今回挑んだので、指を咥えて見るしか無かったんですが。。
廣仙園さんでコリファンタをゲット。(ギムノじゃないんだ)

コリファンタ・カリペンシス

Coryphantha pallida ssp.calipensis

金環蝕の亜種。
ボディの色と刺の具合がタイプ。
コリファンタ熱も上昇中。
ダニに気を付けないと・・

札束の殴り合いは必見!セリ会

あと今回このイベントで見たかったのが

セリ会(ΦωΦ)

大人の札束による殴り合い・・
アンコ(セリを進行する人)はカクタスニシさん。
初めてお目にかかりましたが、声も大きく知識、テンポも素晴らしかったです。

そして面白い。アンコは重要ですねぇ。
勉強なります!
セリはと言うと1マン単位とかでガンガン値段は上昇していきます。
コピアポアはやはり人気で高額での戦い(競り)となっていて見応えありでした。

シュ、シュゴイ(ΦωΦ)

凄すぎて見てるだけですが。。

最後は村主さんが落札されてセリ終了。大体、15時ぐらいです。
三三七拍子でセリ締め。

目の保養になりました。
緊急事態宣言中での開催という事で行く事も躊躇しましたが感染対策と、会場内での可能な限りの密を避けて参加しました。

来年はノーマスクで開催される事を祈ります!
次回も必ず!

帰りはバスに乗れましたとさ・・

ランキングサイトに登録中!

本日も最後までお付き合いいただきありがとうございました。
良ければ↓ポツッとお願いします!

いつもありがとう にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました