植物園を救いたい

植物園植物どう?

YouTuberシバターさん風のタイトルで今日はスタート。私も利用している植物コミュニティアプリのGreenSnapが植物園のデジタル支援を行うそうです。

スポンサーリンク

デジタル支援とは?

第一弾の施策として、植物園の施設の紹介記事を無償で作成し、アプリやメディアを通じて発信していくそうです。対象は全国の植物園。植物園の魅力や咲く草花などを紹介するPR記事を作成し、その記事を月間約950万人が利用するGreenSnapアプリを使い多くの方々へ発信するとの事。

今後の展開としては3D技術を使いバーチャルで体験できる(植物園3D化プロジェクト)とも連携しデジタル支援を推進。植物への興味関心を高めることが狙いのようです。面白い取り組みだと感じました。
私も小さい頃は母によく京都の植物園に連れて行ってもらいました。花の絵を色鉛筆でよく書いたものです。懐かしい。

やはりコロナの影響もあってでしょうかね・・。出かけにくい状況、環境にあります。今後、コロナの動向にもよるでしょうがバーチャルな体験ができるものであったり、VRを使って・・といったものが一気に普及しそうですね。

GreenSnapの登録はこちら
私も「栽培マン」という名前で利用していますよー。

折角なので植物園つながりで全国のアガベニュース。

①市都市緑化植物園

京都府福知山市にある植物園で、数十年に1度しか咲かない『神の花』とも呼ばれる『アガベ・フェルシャフェルティー』の花が咲き始めたそうです。今月5日に開花し、高さは約1.7メートルで先端に向けて順次花をつけるそう。花が咲くのを見れると幸運になるそうですよ。ちなみに和名は『雷神』らしいですが、私の家にいるアガベ雷神(ポタトラム)のバリエーション?『怒雷神』と呼ばれるもののようですね!

②筑波実験植物園

茨城県つくば市にある国立科学博物館の筑波実験植物園では『謎のリュウゼツラン』が開花したそうです。同園では今年6月に同じくリュウゼツランの『アガベ・サルミアナ・フェロクス』が6.65mの高さで開花したらしいのですが、謎のアガベは8mに達する勢いで成長中だとか。7月に花茎が天井に到達→天井にドリルで穴開けたらしいです。成長もすごいけど植物園の決断力も凄い。250種を超えるリュウゼツランのどれにも該当しない『新種』の可能性があるみたいですよ。見ごろは9月上旬までとの事ですので、どちらも近くにお住まいの方はチャンスですね!

今日も最後までお付き合いいただきありがとうございました!

栽培マンを救いたい

ランキングサイトに登録しております。できればポチっと応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました